2007年04月12日

アーティスト一覧

STOP ROKKASHO関連のアーティストを中心に、
六ヶ所村再処理問題に対し、アクションを起こしている
ミュージシャンをエコカルセレクトで紹介します。

また、ここで取上げているミュージシャンは、エコカルプロジェクトのメインサイト、
ECO&PEACE MUSIC INDEX
でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。


↓↓アーティストの名前をクリックすると、そのページにジャンプします。



■坂本龍一

■SUGIZO

■SINGO2

■カクマクシャカ

■サヨコオトナラ

■MATTHEW SELIGMAN

■近藤等則

■曽我部恵一

■佐藤タイジ

■DJ KRUSH

■宝生久弥

■CHRISTIAN FENNESZ






.
posted by eCocul at 23:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

坂本龍一



【Basic Info】
出身:東京都
ジャンル:クラシック
1978年に結成された3ピースのイエローマジックオーケストラメンバーとして有名になる。
環境問題や戦争に対して積極的にメディアで発言しつづける活動家。
オフィシャルサイト:http://www.sitesakamoto.com/


【Rokkasho Music】
ROKKASHO [MAIN THEME]
OCEAN SKY REMAINS
IARA (MOTHER OF THE WATERS)
クリックすると試聴&無料ダウンロードできます。


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
2006年5月、Shing02、Christian Fenneszらとともに青森県六ヶ所村の核再処理施設に関する危険性を訴えるプロジェクトSTOP ROKKASHOを立ち上げる。アートや音楽を通して、核再処理工場から放射性物質が排出される危険性を訴えるとともに、署名参加を呼びかけている。

STOP ROKKASHOを立ち上げた動機
「ある日、この再処理工場からはたった1日で普通の原発から出る1年分の放射能が出るという文字を見てしまったんですね。これは見てしまった人は、そのまま素通りできないでしょ、やっぱり。人がそこに倒れているのに、川で溺れている人がいるのに、知らん顔できないのと同じで。まあ、それはないんじゃない?っていう。そういう正直なものです。stop-rokkashoからいろんなTシャツが出来てきて、Tシャツを売ったお金で土地を買って木を植えようとかね、そういう具体的なアクションにまで繋がっていくかもしれない。なんか夢が広がっていくなあと。ただ単に「反対!」って言ってるだけじゃなくて、いいことしようと。実現させようと。だから、応援してください。」

六ヶ所ポイント2.
多くのアーティスト達に活動への賛同、そして作品提供を呼びかけている。
賛同したアーティスト達の作品はSTOP ROKKASHOのホームページのART(HEAR・SEE・WATCH・REAR)にて公開され、無料ダウンロードできる。また、それらの作品はiTunesのPODCASTでも無料ダウンロードできる。
stop-rokkasho podcast feed

六ヶ所ポイント3.
2006年6月、STOP ROKKASHOがメインとなる2つのイベントが開催された。

2006年6月4日「STOP ROKKASHOナイト〜坂本龍一を囲んで〜
明治学院でトークライブを行い、学生に問題に対して行動することを訴えた。
これがきっかけで、若者の間でメーリングリストが立ち上がり、活発な意見交換、情報交換、行動するプラットフォームが確立された。

2006年6月9日(夏至)「脱原発カフェ ストップロッカショ
約250名が参加、未来バンクの田中優氏、ギタリストのSUGIZOら様々な著名人が再処理工場本格稼動中止に向けた思いやアイデアを発信した。


六ヶ所ポイント4.
インターネットで再処理工場中止を広めるメッセージを掲載した。
http://www.natal.jp/sb1/log/eid82.html 
『坂本龍一です。
本日、みなさんの貴重なお時間を頂戴して訴えたいのは、青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、甚大な放射能汚染についてです。なんと、この再処理工場からは通常の原発から出る放射能の一年分が、一日で出るというのです。美しい縄文の地と恵みをもたらす三陸の海が汚され、その被害は何百世代先にまで及びます。こんな異常なことがまかりとおっていることが、にわかには信じられません。しかし、もっと問題なのはほとんどの人がこの事実を知らないということです。これは大手メディアに責任がありますが、PSE法についてはあれほどリアクションがあったのに、もっと重大で命に関わるこの問題については、社会全体が奇妙なほど静かなのです。そこでぼくはインターネットと音楽をもって世界にこのことを知らしめようと思いました。ぼくと、若い友人である日本人ラッパー、shing02は今、音楽を制作中です。ぼくたちはその音楽をwebに載せ、人々がそれを自由にダウンロードし、リミックスし、サンプリング、リサイクル、リモデルなどをして、再処理工場のことが世界に広まるように、クリエイティブコモンズのライセンスを取得するつもりです。
幸い、友人のクリスチャン・フェネスが賛同し、音をダビングしてくれましたし、また英国の有名なデザイナーであるジョナサン・バーンブルックはwebサイト(www.stop-rokkasho.org)のデザインを引き受けてくれました。そこでは、人々が音楽を聴き、ダウンロードをし、またビデオを見たり、六ヶ所再処理工場についてもっと情報を得ることができます。みなさんにもぼくたちと共に、音楽、写真、動画、美術作品、詩など、どんなジャンルでもけっこうですので、寄付していただくことを呼びかけたいのです。そうすることによって、世界がこの問題を知ることになり、ひいては危険な再処理工場が止まることを願って。ちなみに、ぼくたちにはどんな財政的な基盤もありません。これは人々に気づいてもらうことを目的とした、100%ボランタリーな活動です。
みなさんの貴重なお時間をさいて、これを読んでいただき、またこの問題を考慮していただいたことに感謝して。』


六ヶ所ポイント5.
STOP ROKKASHOに賛同したアーティストらと手がけ、「NO NUKES, MORE TREES」のTシャツを作成。
悲観的ではなく、明るく前向きな姿勢で問題に取り組むメッセージに込められている。
T-shirtsの販売価格の30%がSTOP ROKKASHOの活動に寄付される。
また、桑原茂一とそのTシャツを着てタワーレコードフリーペーパー「bounce」(2007年特別号)に出演、音楽と社会の関わり方について対談した。
http://www.tshirtsasmedia.com 


【index】
坂本龍一は「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!

posted by eCocul at 22:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SUGIZO



【Basic Info】
出身:神奈川県
ジャンル:ロック
ビジュアル系ロックバンドLUNA SEAの元ギタリスト。ミュージシャンであるだけでなく、音楽プロデューサーとしても活躍する。
オフィシャルサイト:http://www.sugizo.com/


【Rokkasho Music】
TEARS FOR MOTHER EARTH TOSHINORI KONDO & SUGIZO


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
LUNA SEAのギタリストとしてメジャーデビューしてから、第一線で音楽活動を続けてきた。だがそんな輝かしい成功を味わっているうちに、「段々、自分だけが気持ち良くて自分だけが満足で、自分だけお金があるという状態だけだと満足感というか幸福感が足りなくなってきた」と振り返るSUGIZO。
 転機は、娘の誕生だった。「この子のために少しでも美しい世界・地球を残してあげたい」。シンプルな想いが、SUGIZOを突き動かし始めた。

青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設の問題を広く世間に知らせる「STOP ROKKASHO」プロジェクトに共感したSUGIZO。2006年には、「大リスペクト」しているという世界的なトランペッター・近藤等則とのコラボレート曲「TEARS FOR MOTHER EARTH」を、podcast上で無料公開している。

自身のブログ「SUGIZO's WILL」でも、原発や六ヶ所問題への疑問をストレートに投げかける。「大量の放射能が、とんでもない有害物質が大気に、海に放出され、すべての生き物に甚大な被害をもたらすこの状況。生命の、大自然の命以上に大切なものっていったい何なんだろう?」

六ヶ所ポイント2.また同年に開かれたイベント「脱原発カフェ」や「オルタ・ヴィジョン〜ストップ・ロッカショ」などにも意欲的に出演。原発反対のメッセージを音楽パフォーマンスを通して多くの人々に伝えていった。


【index】
SUGIZOは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 21:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Shing02




【Basic Info】
出身:東京
ジャンル:ヒップホップ
東京生まれのヒップホッパー。サンフランシスコでMC/プロ
デューサーをしている。
オフィシャルサイト:http://www.e22.com/shing02/


【Rokkasho Music】
ROKKASHO
無知の知/僕と核


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
2006年、青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設について広く知ってもらうために坂本龍一と一緒にプロジェクトSTOP-ROKKASHO.ORGを立ち上げる。活動を始めるにあたってShing02は坂本龍一と共に活動への参加を呼びかけるメールで「これ以上、大気と大海をよごすのは止めにしましょう。僕たちは、大変な世の中に産まれて来てしまった。この50年間、核エネルギーがふんだんに使われるようになって、地球のあるところで起きた汚染は、必ず、世界の至る所に散布されてきた。それは、今でもより大きなスケールで続いている。その結果、多くの人がそれまでにほとんどなかった病を、当たり前のように患うようになっている。そんな苦しみを人々に与える権利を、誰が与えたというのか。僕たちは、例え体を犯されても、精神はそれを超えた強さを持つ必要がある。この問題は氷山のほんの、一角に過ぎない。表も裏も側面も沢山、学ぶ必要がある。本当にびっくりするような光景、目を覆いたくなる統計は、いくらでもあるよ。なぜ、今まで誰も何もできないでいるのか。それでも、まずは日本人として、できることは沢山あると思う。一人の人間にできることは限られている。しかし、その限界というのはとてつもなく広い。」と述べている。また坂本
龍一も「ぼくと、若い友人である日本人ラッパー、shing02は今、音楽を制作中です.ぼくたちはその音楽をwebに載せ、人々がそれを自由にダウンロードし、リミックスし、サンプリング、リサイクル、リモデルなどをして、再処理工場のことが世界に広まるように、クリエイティブコモンズのライセンスを取得するつもりです.」と述べている。
(構成作家の谷崎テトラさんのブログで全文公開しています。http://blog.livedoor.jp/tetra_/archives/50876405.html


六ヶ所ポイント2.
坂本龍一と共に参加しているteam 6で、六ヶ所村放射能汚染の反対運動として「Rokkasho」をサイトで公開。歌詞の中で「皆の目を覚まそう 換気が必要さ 汚れた情報が 原子炉の底に溜まっている」や「花を咲かさなければ 緑の葉が茂ることもなく 今日も死の風を浴びている」など、六ヶ所再処理施設の実情を多くの人に伝えようとしている。


六ヶ所ポイント3.
ホームページ上で「僕と核」というオリジナルレポートを掲載。「「原子力発電所は良いか、悪いか」ではない。(中略)「これ以上増やすのか、それとも減らして行くのか」という具体的な方向性だと思います。」と本文まとめにあるように中立的な立場から原子力のことを伝えようとしている。また、このレポートはカクマクシャカの「無知の知」とのコラボにより「無知の知/核と僕」という曲としても公開されている。


【index】
Shing02は「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 20:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サヨコオトナラ



【Basic Info】
出身国:日本
ジャンル:world
女性NWバンド「ゼルダ」の歌い手として活躍していたサヨコが歌い、幻のカリスマバンド「じゃがたら」で人々を踊らせ、ヒトとヒトをつないでゆく地球音楽の探検家でもあるOTO氏がギターを弾き、ジェンベマスターとしてタイコを広め、音楽の枠を越えてあるがままにうねりをつくりだすタイコタタキ、奈良大介が合体して生まれたのが、サヨコオトナラである。
オフィシャルHP:http://www.alte.com/sayoko/


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1. オルタビジョン〜ストップロッカショ 3Days〜2006.12/8-10の3日間、ストップロッカショジャパンのOTO氏が中心となり企画したライブイベントで、青山の「月見ル君思フ」というライブハウスで開かれた。またこのイベントには、沖縄から「無知の知」のカクマクシャカ、青森八戸からは「六ヶ所ラプソディー」にも出演している山内さんがzodiacnova、pop-machine&contemporaryとして参加している。

六ヶ所ポイント2. 2006年6月9日、明治大学白金キャンパスで行われた「脱原発カフェ ストップロッカショ」にOTO氏が参加。このイベントは、青森県の六ヶ所村核燃料再処理工場の危険性を訴えようとする市民のイベントである。


【index】
サヨコオトナラは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 19:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カクマクシャカ (安村 磨作紀)



【Basic Info】
出身:沖縄県
ジャンル:ヒップホップ
地元・沖縄を中心に活動するインディーズミュージシャン(MC/プロデューサー)
オフィシャルサイト:http://kakumakushaka.com/menu.htm


【Rokkasho Music】
無知の知
クリックすると試聴&無料ダウンロードできます。


【オススメ作品】
音アシャギ

【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
2006年、『無知の知』を制作。インターネット上で公開。この曲はカクマカシャカがSTOP ROKKASHOのwebサイトでこの問題を知り、作曲した。STOP ROKKASHO参加アーティストShing02の『僕と核』とコラボしたバージョンである『無知の知/僕と核(mastered)』という曲で公開されている。さらにこの曲には4人のMCが加わったバージョン『無知の知 ・6MCs REVAMP』や、リミックス、続編なども制作・公開されていて、六ヶ所問題に対して想いのあるアーティストとリンクしていく形になっている。以下、『無知の知』歌詞から一部引用。「まずは 無知の知 から始める 今 気付かない振り それがこの国 では無いと? 毒に侵される地 ここは地続き 歴史は続きしっぺ返し 襲う 今日、明日のこと 君の子や孫 後手になる程降り注ぐ雨 ではない 放射能 今すぐ言うんだ もうそれはNO」

六ヶ所ポイント2.
自身のホームページ上で六ヶ所村問題への想いを述べ、公開している。以下、「無知の知 特別項」のメッセージから一部引用 「この問題が沖縄の基地問題と酷似している部分が多いと感じた。再処理工場や原子力発電所が危険だと判っていても、 働き口が無いためにそこで働かざるを負えない地元の状況。計画に反対することは、彼等の収入源を奪うことにも繋がり、 それぞれの生活に直接響くデリケートな問題」「さて、今、僕等の生活は一体どんな結末に向かっているのだろう。一人一人の一日一日がやがて来る未来を創る。何気ない今日が、未来をどう変えて行くのかを、まずは知ることから始めよう。」

六ヶ所ポイント3.
2006年、「オルタ・ヴィジョン〜ストップ・ロッカショ 3Days〜 at 月見ル君想フ」に出演。(ライブ映像公開中)

六ヶ所ポイント4.
2006年、「脱原発カフェ」に『無知の知』パフォーマンス映像を提供。

六ヶ所ポイント5.
2006年、「STOP ROKKASHOナイト〜坂本龍一さんを囲んで」に参加。「六ヶ所は止められるとみんなが思えば、止まると思う」とコメント。

【index】
カクマクシャカは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 19:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MATTHEW SELIGMAN



【Basic Info】
出身:USA
ジャンル:ROCK
デビットボウイのアルバムでベーシストとして参加、1970年代に結成されたThe soft boyのベースを担当するなど世界的に活躍するベーシスト。
オフィシャルサイト:The soft boy http://thesoftboys.com/news.html


【Rokkasho Music】
ROKKASHO (PAM a.k.a AKIRA MIZUMOTO REMIX - MATTHEW'S UNDERDUB)
By AKIRA MIZUMOTO / SHING02 (TEAM 6) / MATTHEW SELIGMAN


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1. ミズモトアキラ(DJ)、SHING02 (TEAM 6)らと、「ROKKASHO (PAM a.k.a AKIRA MIZUMOTO REMIX - MATTHEW'S UNDERDUB)」という曲を提供している。また、stop-rokkasyoサイトにて、「radiation sickness(医学用語で“放射線宿酔”の意)」という詩を公開している。詩はコチラから。


【index】
MATTHEW SELIGMANは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!

posted by eCocul at 18:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近藤等則

【Basic Info】
出身:日本
ジャンル:JAZZ
JAZZというジャンルを問わず世界中を自由に飛び回り、ワールドワイドな活動をするエレクトリックトランペッター。「ネイチャー+スピリット+テクノロジー」をテーマに活動中。


【Rokkasho Music】
「Tears For Mother Earth」
TOSHINORI KONDO & SUGIZO


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.「TOSHINORI KONDO & SUGIZO」として、元LUNASEAのギターリスト、現在はソロで活動中のSUGIZOとの共作「Tears For Mother Earth」を提供。視聴、ダウンロードはコチラから。


【index】
近藤等則は「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!


posted by eCocul at 17:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

曽我部恵一



【Basic Info】
出身:日本
ジャンル:J-POP
元サニーデーサービスのvocal。2000年の解散後、現在はシンガーソングライターとしてソロで活動中。
オフィシャルサイト:http://www.sokabekeiichi.com/


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.2006年12月、「オルタビジョン〜ストップロッカショ 3Days〜」に、『曽我部恵一BAND』として参加。


【index】
曽我部恵一は「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!


posted by eCocul at 16:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佐藤タイジ (THEATRE BROOK)



【Basic Info】
出身:徳島県
ジャンル:ロック
バンドTHEATRE BROOK(86年結成。95年メジャーデビュー)のVocal&Gutar。
またダンス&ロックバンドSun Pauloとしても活動。Taiji All Starsをプロデュース。
オフィシャルサイト:
THEATRE BROOK : http://www.theatrebrook.com/
Sun Paulo : http://sunpaulo.com/


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
2006年、「オルタ・ヴィジョン〜ストップ・ロッカショ 3Days〜 at 月見ル君想フ」に出演。(ライブ映像公開中)


【index】
佐藤タイジは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 15:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DJ KRUSH





【Basic Info】
出身:日本
ジャンル:Hip Hop
2001年、インディーズのグラミー賞と称されるアメリカのAFIMアワードにおいて「ベスト・ダンス・アルバム2001」の最優秀賞を獲得するなど、国内外を問わず活動の幅を広げているサウンドクリエーター、DJ。
オフィシャルサイト:http://www.mmjp.or.jp/sus/krush/


【Rokkasho Music】
「TIME TO MELT」


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1. 「STOP ROKKASHO」プロジェクトに参加。「TIME TO MELT」と名付けた楽曲で、世界に向けビートという「言葉」でこの問題を提起する。視聴可→(http://stop-rokkasho.org/hear/


【index】
DJ KRUSHは「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!

posted by eCocul at 14:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝生久弥

【Basic Info】
出身:岩手県
ジャンル:BGM
音楽プロデューサー、サウンドデザイナー、マルチメディア・アーティスト、DJで活躍。活動テーマは「生命力」
オフィシャルサイト:http://yaplog.jp/hojohisaya/


【Rokkasho Music】
ROKKASHO[RIMIX]


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1. 2006年、坂本龍一が立ち上げた、STOP ROKKASHOに楽曲「ROKKASHO」のリミックス曲を提供。宝生久弥はこの曲に対するコメントとして自身のブログの中で、「環境問題というのは今を生きる僕たちよりも、子や孫の世代に大きく、その結果が出るものです。そんな意味も音の中に込めたいと思い、今回のリミックスを制作しました。是非、お聴きください。」とコメントしている。


【index】
宝生久弥は「Eco & Peace Music Index」でも掲載しています!
posted by eCocul at 13:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Christian Fennesz



【Basic Info】
出身:オーストリア
ジャンル:エレクトロ・ロック
オフィシャルサイト:http://www.fennesz.com/


【Rokkasho Music】
rokkasho-main theme
クリックすると試聴&ダウンロードできます。


【オススメ作品】
Sala Santa Cecilia(坂本龍一とのコラボレーション)
Endless Summer


【六ヶ所ポイント】
六ヶ所ポイント1.
坂本龍一、shing02と中心になって「Stop Rokkasho」キャンペーンを立ち上げた。


posted by eCocul at 12:00| ロッカショアーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。